株式会社設立サポート

 株式会社設立サポートメニュー

株式会社の設立料金は、

 

「手数料0円」+「実費」=合計202,000円

 

です。

 

この料金は、他社と比べて最も安いだけでなく、ご自身で設立するよりも安い金額です。

 

※専門家が設立代行を行うと「定款認証印紙代」の4万円が0円になるため(下図参照)

 

 

自分で設立するより安い③

自分で設立するより4万円安い③

 

会社設立が、なぜこんなに安いの?

当事務所では、会社設立後の顧問料(月額1万円~)を頂いているため、手数料が0円になっています。

 

多くの事務所では、設立手数料をとって「ハイ、おしまい」ということが多いですが、私たちはそのようなことをしたくありません。

 

自分たちが関与する会社は、設立後も継続的にサポートしていきたいと思っています。

 

手数料を0円にしているのは、依頼者の方にとって負担になる初期費用を少しでも減らし、本業を少しでも早く軌道に乗せて欲しいからです。

 

設立1年目は売上が立たないものです。決算時期にただでさえ税金を払わなければならないのに、決算申告料まで高額では利益がまったく残らないという企業が大半です。

 

当社では、軌道に乗って来た際に、通常の料金をお支払いいただければいいと考えております。

 

 手間と費用を考えても、ご自身でやるより断然お得です!

税理士などの専門家に依頼するとお金がかかるから、自分で会社を設立してみよう、と考えるお客さまもいらっしゃると思います。

 

しかし、結論から言うと、ご自身で設立されると手間も費用も余分にかかってしまいます。

 

設立手続きにかかる手間の比較
手続項目 ご自身で手続きする場合 ご依頼いただいた場合

設立手続きの基礎知識習得

一般的に5~20時間(個人差あり)

設立手続きの流れ・ポイントについては無料相談会(1時間)にてわかりやすくご説明いたします

必要資料を受領したのちは手続完了まで全て当社が実施するので、一切余計な手間がかかりません!!

定款作成

一般的に5~10時間(個人差あり)

定款認証

ご自身で公証役場へ行き、定款認証を受ける必要あり

設立登記

ご自身で法務局へ行き、登記手続きを行う必要あり

独学での会社設立はかなりの手間がかかるうえ、登記を間違えてしまった場合の修正や設立に関する税務届出書の提出などもご自身でやる必要があり面倒です。

 

費用に関しても、上述のように、自分でやるより専門家に依頼した方が4万円も安くできます。

 

 

会社設立の流れ

ImgTop15

会社設立のポイント

1) 会社の商号、本店の住所、会社の目的の決定

 

まずは、会社の商号(名前)、目的(仕事の内容)、会社の本店(住所)を決定します。これらは会社を設立する手続きをする上で、必ず最初に決めなければいけません。 すでに登記されている会社と同名、同業の会社でも設立はできますが、万が一、設立後に問題にならないように事前確認をするべきでしょう。

 

2)印鑑の作成および印鑑証明の取得

 

類似商号の調査が終わったら、これから会社を運営していく上で必要になる各種印鑑の作成を依頼しましょう。また、以後の手続きに必要な印鑑証明書も取得しておきましょう。

 

3)定款を作成および定款の認証

 

会社の商号、本店、目的以外で決めなくてはならない事項を決めていき、これから会社の運営をしていく上での基本的なルールである定款を作成します。なお、定款は公証人役場で認証を受けることで、はじめて法的な効力を持つことになります。

 

4)出資金の払込み

 

出資金を個人の口座に振り込みます。

 

5)議事録などの必要書類および登記申請書の作成

 

会社設立の登記の申請書及び添付書類として必要になる取締役及び監査役選任決定書、就任承諾書、取締役会議事録、調査報告書を作成します。

 

6)設立の登記の申請

 

申請書類一式が揃いましたら、会社設立の登記を法務局(登記所)に申請することになります。なお、登記を申請した日が会社の誕生日になります。

 

7)諸官庁への届出

 

会社設立の登記が終わりましたら、税務署、社会保険事務所などに届け出をします。

 

 


 


  • サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です

  • TOPへ戻る