資金調達サポート

資金調達の方法としては、大きく分けて、

 

①公庫や銀行からの融資…返済必要

②補助金や助成金…返済不要

 

という2つの方法があります。

 

①公庫や銀行からの融資

まず、資金調達の方法として、公庫(日本政策金融公庫)や銀行からの融資があります。

 

これらの融資に際しては、借入を希望する理由、タイミング、金額について事前検討し、自社の規模、業種などから利用できる制度融資などを調べる必要があります。

 

まずは専門家と融資のポイントを確認したうえで事業計画書を作成し、専門家のフォローを受けながら資金調達を進めましょう。

 

 

②補助金や助成金

2つめの資金調達の方法として、補助金助成金があります。

 

これらの資金調達方法は、融資と異なり返済不要なのがメリットですが、

 

・様々な要件がある

・補助金、助成金の有無が時期によって変動する

 

というデメリットがあります。

 

そのため、補助金や助成金については申請のタイミングが重要になります。

 

そういったポイントを押さえておかないと、補助金・助成金を受けられることを知らずにタイミングを逃してしまうかの可能性が高いです。

 

 

このように、資金調達に際しては、専門家の力をうまく借りることがポイントです。

 

一人でどうにかしようとすると、損をする可能性が高いですので、ぜひ相談下さい。

 

 


 


  • サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です

  • TOPへ戻る