サービス付き高齢者住宅事業サポート

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者の居住の安定を確保することを目的として、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供するものです。

 

サービスの提供基準

住宅

・床面積(原則25㎡以上)
・便所・洗面設備等の設置
・バリアフリー

サービス

・サービスを提供すること
(少なくとも安否確認・生活相談サービスを提供)

契約

・高齢者の居住の安定が図られた契約であること

・前払家賃等の返還ルール及び保全措置が講じられていること

(国土交通省HPより)

 

サービス付き高齢者向け住宅向けの補助金があります!

高齢化が急速に進む中、このような高齢者向けのサービスの充実は急務となっております。

 

こうした背景があり、サービス付き高齢者向け住宅の供給促進のため、補助・税制・融資による支援があります。

補助

サービス付き高齢者向け住宅として登録される住宅等の建設・改修費に対し、国が民間事業者・社会福祉法人・医療法人等に直接補助が出ます。

 

税制

サービス付き高齢者向け住宅における税制優遇があります。

 

融資

サービス付き高齢者向け住宅に対する住宅金融支援機構の融資です。

 

当社では上記全ての内容に対応しております。

詳しくはお問い合わせください。

 

 


 


  • サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です

  • TOPへ戻る